Johann,-ヨハン-
Johann,-ヨハン-

発行者:KEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2013/01/25
最終更新日:2013/01/25 20:09

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Johann,-ヨハン- 第2章 森の精霊
 「お願い、助けて!!」
 半ば強制的に魔族の男――ヨハネス・ゲオルクに、聖戦の真相を暴く協力をさせられることになり、とにかく爆撃地から離れようとしていた矢先、茂みからクリーチャーが飛び出してきた。
 「お願い! ガルーザを助けて!」
 豹型クリーチャーの雌のようだ。身長は僕よりも頭半分ほど高く、ヨハネスと同じくらいだ。全身が淡黄色の体毛に覆われており、黒色の斑点が繋がった帯状の文様が浮かんでいる。野生的に引き締まった肢体に軽鎧を身に着け、腰に剣を下げている。戦士だろうか。
 よく見ると、身体中傷だらけで所々出血している。
 「落ち着いて下さい! どうしたんですか?」 僕は彼女に駆け寄る。
 「爆撃にあってガルーザが怪我を‥。わたしはどうなってもいいから、彼を助けてあげて!」
 彼女はネコ科特有の切れ長な瞳を僕に向け、懸命に訴える。
 ヨハネスは彼女を探るように観察する。 「さっきの爆撃か。そいつはどこにいるんだ?」
 「少し歩いたところに。重傷で動けないから、わたしが助けを呼びに‥」
 「案内してくれ」
 彼女に続いて茂みを200メートル程進むと、身長は2メートル近くあるだろうか、かなり大型の豹型クリーチャーが血だらけで倒れていた。
 ヨハネスが彼の傍にしゃがみ、怪我の程度を確認する。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ