PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/12/24
最終更新日:2012/12/24 22:56

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話) 第4章 店長(信也)・「仕事もいいけど彼女も欲しい……
 oppai電化で仕事をするようになって、店長みたいな立場になっていい感じとか思ったりは出来る。責任感という名の充実みたいなもの。いやぁ、俺も頑張ってるなぁみたいな。

 う~ん、しかし……

 仕事もいいんだけど、人身ってやっぱり寂しい。気が付けば32だから寂しさに切実さが混じってきた気が。

 うちの職場は結構女性もいるわけで、やっぱり女性の中で最初に抜けてたのって小幡(久美)なんだよね。結構美形だし、面と向かっては言えないが巨乳気味。それでしっかり者だから、あれで独身なのは珍しい気がする。いや、しっかり者だから独身なのかな?

 正直に言えば、最初の頃は小幡を気にしたような所はありました。何か話が発展しないだろうかみたいなスケベな事も考えたかな。

 だけど来てしまったんだ。藤本 香とかいう女の子が出てきた。

 これは日記にも書き留めたけど、心とか頭が瞬殺されてしまった。

 一目惚れみたいな事は昔からよくあったと思うけど、電撃ショックは経験がなかったと思う。電流ショックっていうのか、とにかくなんとも言い難い感じを受けた。理想とか思うような女の子が出てきたら電撃って、同じ男だったら分かってくれると思いたい。

 かなりの爆乳さん、それだけ見ているわけじゃないけど、豊かで柔らかそうとか見えるから気にならないって言う方が嘘。

 
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ