PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/12/24
最終更新日:2012/12/24 22:56

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話) 第3章 明美・「最近になって面白いかも接客業」
 は~い、これから全部を正直言います。私って最初は不謹慎だったかもしれない。今の仕事には、最初は志とか全然なかったから。

 あ、それって意外と普通? だったら不謹慎とか思わなくてもいいのかな。どっちにしろ、最初は「何となく来ちゃった」って感じ。だから地獄から始まっちゃった。その辺も全部話すよ。

 最初は私、藤本先輩とか小幡先輩とは違う店に入ってたんだよね。(PC売り場の誘殺2を参照)あんまり馴染めなかった。おまけに色々と分が悪いから自殺しようかと思った事は一杯。

 「何でそれで勤めてたわけ?」って思った?

 説明すると、ちょっとは頑張ろうって気持ちが半分。残りの半分は、他の仕事探すのが面倒くさいと思ったから。職探しって面倒くさいから嫌い。

 ここは少し私にとって痛いんだけど……私って貧乳。Aカップっていうのが、「悔しい」「切ない」「恥ずかしい」って揃ってた。だから最初はキャラクターも暗かった。貧乳のバカって感じ。

 胸を見られるのがイヤだとか恥ずかしいとかいう女ってさ、高校の頃は本気で殺したいとか思った。今は安定してるつもりだけど、あの頃は何回巨乳を殺したいと思ったか分かんない。

 
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ