PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/12/24
最終更新日:2012/12/24 22:56

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話) 第2章 久美・「今は藤本さんと気が合ってます」
 今は香って呼んでるけど、最初は藤本さんとか言ってた。その藤本さんが来るまで、私は勤めてるお店の看板店員だったんだ。お客さんを購入に促してるって実績と、お客さんから好かれる店員評価で常に上位。というか1位が私の座席だったわけですよ。

 自分で言うのもなんだけど、容姿も全体的に悪くないと思ってた。胸もDカップだから、いい具合でしょう? って意識もあったりして。

 あ、この際だからもうちょっとだけ言いたい。お客さんからラブレターとかもらった事もあるんだ。これ本当。あの時は、お客さんからラブレターもらうとか私だけだった。

 正直に言えば、少しは酔ったりもしたよ。私ってすごく快調に突き進んでるって充実感。毎日がバラ色に見えるんだよ、本当に。

 で、しばらく私がナンバー1だったのに……途中から来たわけよ。藤本さんが来たわけ。4つ違いだから年齢的には妹みたいなもんだけど、最初はそういう風に思ってあげられない。

 まず藤本さんって爆乳……Dカップの私がドキッとするんだよ、Iカップとかいうんだよ。やっぱり嫉妬してしまった。だって私の胸より藤本さんの胸が周囲の目線を奪うもんね。奪われた!

 でも本当に嫉妬したのはおっぱいの大きさじゃないよ。やっぱりあれ、藤本さんのキャラクター。

 
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ