PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/12/24
最終更新日:2012/12/24 22:56

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話) 第6章 ミニ話・「メリークリスマス!」
 あぁ、このボリューム。この温もり、この柔らかい弾力。男子は天国に導かれる。

 「あの……」香が困っていると、頭がキレた彼女が歩み寄る。

 「おっさん! 何をエロい事やってんだよ」と、怒る彼女は彼氏の髪の毛を掴んで谷間から離させた。しかし香の胸に顔を埋めた男子は、幸せが残っていて目が細い。だから彼は、細い目で自分の彼女に言ってしまう。

 「メリークリスマス!」

 その瞬間、彼氏は顔面にビンタを食らい、地面に倒れたら頭を踏まれてグリグリされ大声で罵倒されていく。ろくでなしと。

 そして雪が降ってきた。クリスマスを飾る雪だ。人々に寒さとロマンティックな気分を与える雪だ。

 彼女は彼氏の後頭部を踏みながら、一度は許そうかと思った。でも近くにいるサンタの胸を見たら、怒りが再熱するからかなり強く踏みつける。彼女にすれば裏切られたと思っている。彼女にすれば、白い雪はロマンスではなく裏切りの白。
 
 やっと踏まれていた彼氏が立ち上がった。頭を抑えながら立ち上がったら、鬼のような形相の彼女に問われる。私とサンタとどっちが大事なのか言ってみなさいよと。

 「絶対サンタさん!」

 不覚にも彼は言い間違えた。そのせいで去っていく彼女を追いかけなければいけない。待ってくれと切ない声が周囲に響く。待ってくれ・待ってくれと、天国から転がり落ちた声。

 寒いからそろそろ中に入ろう、そうつぶやいたサンタクロースは白い息を吐きながら温かい店に向かっていく。 店の外に置いてあるラジカセが音楽を鳴らしているが、それに合わせてサンタが口にした。

 「メリークリスマス・フォー・ユー」
19
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ