PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/12/24
最終更新日:2012/12/24 22:56

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(番外編・お喋りとミニ話) 第6章 ミニ話・「メリークリスマス!」
 「メリークリスマス!」香はニコッと笑いながら道行く人にプレゼントを差し出す。

 「ありがとう」と、男性でプレゼントを拒むものはいない。彼らは香の笑顔と谷間で焼けているので、サンタクロースを誘拐して持ち帰りたいとか思ってしまう。すごいボインなサンタさん。それは世界中の男が一度は思い描く妄想の一つ。

 さて、あるカップルが歩いてやってきた。彼と彼女、お互いに20歳のお年頃。クリスマスだからラブラブとかバカみたいな雰囲気。

 「……ちょっと待って」彼氏は彼女を止めると携帯を取り出し、メールが来たから読むとか言う。でもそれは嘘だった。彼は彼女より先に見つけてしまったのだ。ボインなサンタさんがいる事を発見してしまったのだ。だから演技が必要。

 彼は彼女が邪魔だと思う。彼女は貧乳ではないが巨乳でもない。Bカップという無難なサイズ。

 しかるにしてサンタさんはIカップ。谷間、何ともステキな谷間を見せてくれる。彼はサンタさんと向き合ってじっくり谷間を見つめたい。あんな谷間はそうそう簡単に生で見れないから、それゆえに彼女が邪魔なのだ。大いに邪魔なのだ、本当に。

 「俺はメールの返信する。お前は先に喫茶に行ってろよ」

 彼氏のもっともらしい嘘。今はひたすら彼女が邪魔で苦痛。

 「いいよ、ここで待ってる」

 彼女の愛。その純情の愛は、今の彼氏には不愉快そのもの。

 
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ