ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第1章 ープロローグ
「じゃあ行き方を書いてあげるよ」
篠ノ井教授は手帳のメモページを破って、鉄道の乗り換えを書いた。
「もうひとつ質問が有ります」
「何だね?」
「井上源三郎の墓の調査の目的はなんだったんですか?」
「それは今目的を達したよ」
「今?ですか?」
「アーネスト サトウの日記と井上源三郎の遺言書に登場した…歴史が戻されたから登場したになるが…遠藤 清もしくは、諱名(いみな)が理香子と云う人物の調査だ。彼女はアーネスト サトウを平和主義者に変え、パークスの方針を変えさせ、最終的にイギリス外交に多大なる影響を与えた。そのすべては消え去ったがね」
星岡も理香子もアメンティティも、呆然と篠ノ井教授を見た。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ