ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第1章 ープロローグ
「そうね…陸奥は暗殺の一報を聞いて、全滅を避ける為に、陸援隊本部の有る土佐藩白川屋敷に逃げ込んだ…」
篠ノ井教授が続ける
「暗殺に関する陸奥の行動は、疑問符だらけだ。こんな近くにいながら手紙でやりとりしている。龍馬を擁護したわりには、暗殺に関する事は一切口を閉ざしている。私は、陸奥が黙って逝ったとは思えない。何かを残しているはずだ。文字ではない何かでね」
「暗号ですか……。龍馬暗殺で陸奥を疑っているのは教授だけです。暗殺者として文献を見るなら、それは有るかもしれませんね」
「陸奥は文献に暗号を残すような人物ではない。徹底した秘密主義者だ」
「では?どんな形で?」
「わからん。しかしいつか突き止めてみせるさ」


ずっと黙っていた館長が口を開いた。
「しかし。井上は天寿をまっとうせず。戊辰戦争で、腹ではなく頭に銃弾を受けて死んだ。そして、篠ノ井教授の発掘は消え、事件も消えた。IDカードは存在するが…」
「これは、本人に返還するとしよう」
篠ノ井教授は汚れたIDカードを理香子に差し出した。理香子は何やら上の空で受け取りながら言った。
「教授。文字で無い物で、陸奥が残した物と言ったら?」
教授は先を促した。
「外務省の銅像か?」
「ユキヒロ。自分で銅像をたてるわけないよ」
「自宅か?」
「考えてるの…邪魔しないで…まって!自宅 自宅。陸奥は、陸奥家の敷地に墓所を持ってた。そうか!」
「墓を死ぬ前に作ったとか?」
「墓じゃない!清地蔵よ。陸奥がたてた事は誰だって知ってる」
「俺は初耳だ」
「勉強して、ユキヒロ」
篠ノ井教授が手でストップをかけた。
「清地蔵の講義は後にするとして…清地蔵からの展開はほとんどないが、遠藤くんなりの視点で何か判るかもしれないな。行ってみるといい。行った事は有るかね?」
「いえ。陸奥はノーマークでしたから。でも行ってみます」
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ