ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第7章 収束
「山際さん。私に発言させてもらえますか?」
「篠ノ井教授どうぞ」
「陸奥の文書は、結論の出しようがない。これからの研究の結果を待つと言うのが私の見解です。よって、遺体の調査結果による結論もそれを待つ事になります。私とチームはその日の為に、調査を続行します。稲沢君は、陸奥の文書の解析を行なう。それで、稲沢君に納得してもらいたい」
「わかりました。定説の固定化を回避できるのなら異議ありません」
「他に質問は?」
篠ノ井教授は会見場を見渡して、危機を脱した事を確認した。


星岡と理香子が、この記者会見の話を知ったのは、高知で坂本龍馬の納骨式が行われた墓地だった。刀創の無い遺体が墓地に収まり、久利坂の任務は無事終了した。
「久利坂さん。お疲れさまでした。しかし、記者会見は危なかったですね。その場に居なくて良かった。心臓がもたない」
「星岡さん。さすがに手が震えました。万全は期しましたが、山際正義って言うフリーライターは、油断できない。何度も瀬戸際まで追い込まれてます。篠ノ井教授のおかげです」
理香子は、全国の龍馬ファンによって建てられた墓を見ていた。
幕府の軍艦に衝突して沈んだ、いろは丸を型どった墓石の中に、特例で火葬されずに、遺体は納められた。
「いつか、この遺体は調べられて、稲沢さんと篠ノ井教授の調査結果から定説はくつがえる。その時には私達は生きていないかも知れないね」
「理香子。その時に生きていたいか?陸奥は俺達の事まで、ご丁寧に書き残しやがった」
用心深い陸奥は、称名寺と同じ文章を、坂本龍馬の襟に縫い付けたのだ。
「良いじゃない?本当に有って、私達や久利坂さんが見た事だから。司馬遼太郎さんが知りたかった事を、久利坂さんは見て、私達も聞いた」
「多少歴史改変したがな…」
「星岡さん。それは大した問題じゃない。歴史的事実が未来に対して保存された。未来の歴史家に対して、空白を埋めた。それは…」続きを理香子が続けた。
「…未来の人々が、戦争を始めとする過ちを犯さない道標になる」
久利坂も星岡もうなずいた。
きっと、坂本龍馬も陸奥宗光もうなずいてくれると…理香子は信じた。


ソングライターホシオカ
陸奥篇 完結
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ