ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第6章 帰還
篠ノ井教授によって、坂本龍馬は京都見廻隊によって、額を割られて死亡したとする定説が確定するはず…だった。
星岡も理香子も日常に戻り、遺体が高知に帰還する日を待っていた。遺体の調査が埼玉清心大学で、篠ノ井教授の指揮のもと始まって、10日が経過した。
調査されているのは、橋本久太夫と坂本龍馬の遺体両方だ。篠ノ井教授は、久利坂から詳細を聞いているため、結論を導く手続きに過ぎない。途中経過を発表する記者会見の前日…事件は起こった。

助手の女学生がノートパソコンを持って、研究室に走り込んできた。
「篠ノ井教授!大変です」
「荻原くん。そんな物を持って走ってはいかん」
「見て下さい!襟に縫い付けてあった手紙の画像が、ネットにアップされてます!」
「なんだって!」
篠ノ井教授は、パソコンの画像を見た。見事な候文で、読む訓練を受けていないと読めない。しかし、歴史家のほとんどは読む事ができる。それは、陸奥宗光の告白で、坂本龍馬毒殺の詳細が書かれている。
「稲沢だな…写真を撮れたのは彼だけだ」
フィールドワークをやらせたら、最高の仕事をする学生だ。遺体の傷と矛盾する為に、公表を避けると言い聞かせたが、納得できなかったようだ。
篠ノ井教授は、携帯を取り出して、久利坂をコールした。

「篠ノ井です。陸奥の手紙がネット上に流出した。検索は坂本龍馬毒殺で…明日の記者会見は滅茶苦茶になる」
-待って下さい。こっちも出します…えっと。なるほど。偽物情報で、情報汚染します。アップした人物を特定して確保します。心当たりは?
「助手の学生です。優秀な学生です。何とかお手柔らかにお願いします」
ー情報操作で、大事には至りません。画像は、今削除しました。ただ、画像データを取り込んだ人間がどれくらいになるかは不明です。見つけ次第原因不明の不具合で、消去します
「ある意味彼は正しい。だが正しいだけでは、社会は壊れてしまう。坂本龍馬暗殺は、そう言う事件なんでしょう」
-篠ノ井教授。残念な話です
「残念だったのは、明治政府の危機に坂本龍馬を欠いた陸奥自身でしょう。廃藩置県…扶禄処分…西南…日清 日露戦争。暗殺。陸奥には抗う術も無かった。大久保の力押しと、外交に押し流されるままに、坂本龍馬を賛美するしかなかった」
-私の意見は違います。彼なりに最善を尽くしたと思います。それを否定すべきではない
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ