ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第6章 帰還
戻ってきた夕陽ヶ丘には、陸奥宗光邸は無かった。初めて来た時の様子に戻っている。清地蔵も有り五輪塔も家隆塚の上に有った。4人で五輪塔に合掌した。
「もう俺達にする事はないんだな」
星岡は寂しそうに言った。
「むしろ、星岡さんと遠藤さんは無関係を貫く必要が有ります。ここにも近づかない方がいい」
久利坂は背広に着替えて、刀と着物を抱えている。
「私も任務完了ね。落ち着いたら、アメンとホティオティ連れて遊びにくるわね。今度はトラブル無しで」
ミリティ姉さんはイタズラっぽく笑った。星岡が応じる。
「いや~絶対なにかが起こる気がするな、間違いなく」
「そうすると星岡さん。この久利坂はまた夢を見られそうですね」
「てっ事は?ユキヒロだけ被害に遭うわけね。私も楽しませてもらってるから!」
「そう言う事だろうね。あきらめるよ」
星岡はショゲて見せると、全員が笑った。
星岡は真顔になって、久利坂を見た。
「後はお願いします。遺体のすり替えとか大変でしょうけど」
「いや通常任務です。もっと危険で際どい事もやってますから。まぁニュースを見てて下さい。坂本龍馬の遺体が発見されたらメディアはお祭り騒ぎになります」
「楽しみにしてます。じゃあ理香子帰ろうか?」
星岡と理香子は地下鉄の駅に向かった。ミリティ姉さんは多宝塔に、久利坂は携帯で誰かを呼び出したあと、口縄坂に向かった。



1週間後。
星岡は理香子の部屋で、コンビニで買ったカボチャのモンブランを二人で食べていた。
「あ~見て!見て!家隆塚五輪塔調査始まるだって!」
テレビには、あの篠ノ井教授が映っている。
ー今回の調査の目的を教えて下さい
ー五輪塔の一番下の地輪と呼ばれる場所に坂本龍馬の遺体が有るかどうか調べるのが、今回の目的です
ー遺体は霊山に埋葬されたのでは?
ー海援隊関係の資料からは、そうなっています。 しかし、遺体をちゃんと見た者がいない。どうやら棺桶しか見ていない。遺体は近江屋の裏から、隣接する称名寺に運ばれたと言う説が有って、その称名寺は、清地蔵の所に移転して来ているんです。
-つまり?この五輪塔もいっしょに?
ーそうです。五輪塔の地輪は元は遺体を入れる場所なんです。地輪に遺体を納めたまま移転した可能性が有ります
ー何故五輪塔に?
ー会津の探索方が遺体の行方を探って、墓の位置と様子を報告しています。
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ