ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第5章 捜索
徳川家康にとって、石田三成は必要不可欠な人物だった。何故なら彼しか天下を二分する戦を起こせる武将は居なかった。戦が、戦乱が起こらなければ、家康は天下を取れない。戦でしか社会組織、法律、慣習そのものをリセットする事が出来ないからだ。イギリスの海外機関は、これを延々と続けてきた。内乱の種を撒き援助し、当該国を事実上更地にして、新国家のリーダー人事に関わり、ルール作りに介入し、支配を意図した。しかし、必ずしも成功せず廃虚と死体の山を築く事も少なくない。明治期の日本は、彼らとの格闘だった。結果は日本の優勢勝ちと言える。ただし、二次大戦で逆転大敗する。彼らに勝つには、巨大な軍事力と、それを背景に、紛争相手に開戦しない開戦させない事であろう。これは、平和運動ではない。外交官による悲惨な神経戦と世論操作だ。更にはテロに見せかけた破壊工作。何故なら、敵は自国民となるからだ。

-錦戸太朗著~次世代のテロリズム ピーステロより抜粋
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ