ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇
完結
発行者:武上 渓
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2013/12/17
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ソングライター ホシオカ ー陸奥篇 第1章 ープロローグ
「…ふぅ」
稲沢は1m程掘り下げられた四角い穴の中で、刷毛を使って人骨の土を払っていた。
この人骨の人物は、約140年前に肺炎で死亡した。特徴は、新撰組の3番隊隊長で、いわゆる武勇伝の中の幕末ヒーローだ。
学生の稲沢には、篠ノ井教授の意図が理解できない…井上源三郎の墓から何を掘り出そうと云うのか?教授の気まぐれに振り回される毎日だ。
-ペリッ
刷毛が何かを引っ掛けた。
見ると角が、親指と人差し指の骨の間から出ている。
「紙?質感が違うな」
稲沢は1cm程露出させた。
「プラスチック?」
刷毛で起こして見た。
「なっ!これはっ!」
這いつくばるように稲沢は、梯子を駈け登った。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ