光る指先
光る指先
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/11/25
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
光る指先 第1章 弱みを握って
「ね、ねえ。野々村君っ」
「えっ? あ、伴条さん。こんばんは」
「あの、ちょっといい?」
「僕……ですか?」
「ええ、少しだけ時間が欲しいの。大丈夫かしら」
「はぁ……いいですよ。帰っても、ご飯を食べるだけで大した用は無いし」
「そう。じゃあ……上がってもらっていい?」
「はい。それじゃあお邪魔します」
 夕焼け雲が消え、暗い夜空に変わる頃、泰氏は隣家の伴条亜希子に玄関前で呼び止められた。高校からの帰り、彼が駅前で亜希子を見てから既に二時間程経っている。どうやら彼女は友達と寄り道して帰ってきた泰氏を、玄関前でずっと待っていたようだ。亜希子は待ち疲れた様な、それでも彼を引き止められた事に、何処と無く安堵の表情で玄関の扉を開き、招き入れた。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ