欲望のままに
欲望のままに
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/11/25
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
欲望のままに 第1章 生意気なクソ姉貴が…
 今年大学を卒業し、晴れて社会人となった彼は商品企画関係の仕事に就いていた。先輩からプレゼン資料の作成を押し付けられ、残業対応する事も少なくない。
 唯一救われるのは、商品企画課で働く半数が女性社員という事。今年は男性のみの採用であったが、昨年までは毎年のように女性を採用していたらしい。向かい合わせで座っている社員も女性で、実は修司が気になっている人だ。
 ちょうど彼の姉と同い年で、綺麗な顔立ちをした一森裕子。ウェストが括れたOLスーツを着こなすスタイルの良さは男心をくすぐる。更には性格も穏やかで嫌味がないので、先輩の男性達から持てはやされていた。
「俺の姉貴も一森さんみたいに優しかったらなぁ」
 いつもそんな風に思っていた。
 沙織は今の母親の連れ子だ。父親は修司が幼い時に母親と別れ、中学に入った頃、別の女性――つまり沙織の母親と再婚した。
 思春期だった修司は戸惑ったが、新しい母親と姉を迎える事にそれ程抵抗感は無かった。どちらかと言うと、一人っ子だった彼は姉が出来ると言う現実に喜びを感じていたのだ。
 しかし、姉となった沙織は修司を気に入らないのか、かなり辛く接していた。母親は気を使い、色々と面倒を見てくれるのだが――。
 大人になってからも沙織の態度は殆ど変わらない。最初は辛かったが、それが当たり前になってしまった今ではストレスに感じなくなっていた。ただ、姉弟として暮らすのだから、もう少し優しくしてくれれば――そう思うのだ。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ