手のひらの上のファンタジー
手のひらの上のファンタジー
アフィリエイトOK
発行者:真野まきや
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/11/28
最終更新日:2012/12/04 20:46

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
手のひらの上のファンタジー 第1章 手のひらの上のファンタジー
空を見上げて
~たんぽぽ物語~


【第一話/ポポさんと、わたろうさん】




黄色いもじゃもじゃの頭をぶるっと、ふって、ポポさんは、ついさっき自分の頭に落ちてきたばかりの、つばめのふんをはらった。


そしてポポさんは、目を一度しばたかせ、もじゃもじゃな黄色い頭のかどの、たんこぶに、そっと手をふれてみた。


「なんて、まあ、今日はついてないのかしら」


今まで夜空のお星さまの数くらい、鳥たちはきたないものを落としていった。


みんなつんとすましたり、得意そうな顔をして。


もううんざり、こりごりした。


ポポさんのたんこぶは、ぷうーとふくれあがってきた。


「いやだ、いやだ、これじゃあ、あの、わたろうさんみたいじゃあないの」


ポポさんはとっさに、雪のように白く、まるい大きな頭をした、隣の家の男の子のことを思った。


わたろうさんほど、年がら年中、鳥のふんを頭にかぶって、へらへらしている方も、珍しいのではないかと、いつもポポさんは思っている。


ある時には、わたろうさんは、ハトポッポのお友達ができたとか言って、頭に三つくっついている、目玉焼きの潰れたのみたいな、へんなのを、得意気に自慢していた。


昨日もそうだった。


すずめが砂場で穴を掘っているのを、一緒に手伝ったとか言って、おでこの所にへんな染みをつけて帰ってきた。


本当に、おっとりして、素朴すぎるお方らしい。


そんなわたろうさんも、前に一度だけ、凄いけんまくで怒っていたことがあった。


あれは、確か雲がお日さまをパクリと食べた日のこと。


わたろうさんは、朝浜辺へ散歩にゆくと言って、出ていき、夕陽の沈む頃に帰ってきた。


見ると、わたろうさんは、かたっぽの手で、頭のつむじのところを押さえている。


「わたろうさん、そんなに大事そうに頭をおさえて、どうなすったの? 」


「どうしたも、こうしたもないんだ、あの悪魔みたいな鳥がやったんだ」


わたろうさんは、そっと頭から手をはなした。


「あのトンチクリン、ぜったいに、ゆるせない!」


わたろうさんは、いつもはおとなしそうな顔つきをしているのに、今日に限っては、シリアカバッタのように、顔を赤くゆがめていた。


なるほど、わたろうさんの、頭のてっぺんには、いつもの柔らかな、白髪がなくなっていて、まるく、はげていた。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ