彼女と自転車とおっぱい
彼女と自転車とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/18
最終更新日:2012/11/17 22:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女と自転車とおっぱい 第6章 ☆なつこのオナニー
 校舎に入ったなつこ。階段を上がらず、ドキドキして周りを見渡して人目を確認。見られてないと思ったら、即座に1階のトイレに入った。ここは教職員専用だと知っているけど、承知の上。

 「……まったく、健ちゃんがおっぱいばかり長々触るから」

 イライラした声で鍵をかけ、カバンを床に置く。

 あんな風に、自転車に乗って恥ずかしい形でおっぱいを一杯揉まれて感じさせられたあげく、自転車から降りた健が何とも言えない顔で胸ばかり見つめる。

「健ちゃんのバカ」

 と言いながら彼女はGパンを下ろし、震えながらパンティーも少し下ろした。自転車に乗っている間、感じていたせいで結構濡れている。

 洋式便器の上に座ると、本当は脱ぎたいけど脱げないからと、上に着ている服を全部一気に捲り上げた。

 プルンと揺れ動く白いフルカップ。Dカップ(D75)とかいうサイズのカップに包まれたふくらみと谷間。それらが外に出たら、なつこは左腕を胸に当てる。ゆっくり左右のふくらみを揺さぶりながら、右手では濡れている膣を愛撫して恥ずかしそうな顔。

 
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ