彼女と自転車とおっぱい
彼女と自転車とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/18
最終更新日:2012/11/17 22:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女と自転車とおっぱい 第4章 ☆青春の自転車・なつこのおっぱい(ボイン・ボイン・ボイン)
 「健ちゃん、おっぱい触りすぎ。いい加減に……」

 なつこは怒るのだが、今は下り坂に入っている。

 あぁ、青春の下り坂。後ろの健にセーターの盛り上げる胸のふくらみを揉まれて勢いよく自転車で走る。お互い、どちらも思う事や言いたい事が一杯。

 勢いよく走る自転車。なつこのセーターの胸が揺れる。ちょっと頭がボーっとしつつHな少年は、少女の胸のふくらみを掴んで揉んでしまう。この幸せな手応え、ずっと自転車に乗っていたいと思いながら揉んでしまう。間違いなく今、日本で一番青春している小学生男子だろう。

 やっと下り坂が終わって進んだら信号。 なつこは自転車を止めると、振り返って後ろの健に言う。

 「健ちゃん、いつまでおっぱい触ってるの、スケベ!」

 と、怒られて我に返った健がやっと手を離した。でもまだ表情がボーっとしている。気持ちよくて現実に戻れないご様子。

 さて自転車が再び動き出す。健はなつこのおっぱいの大きさと弾力の気持ちいい手触りが忘れられない。また後ろから掴んで揉みたい、でもそれをやるきっかけが無い。悲劇だ。

 なつこはおっぱいの事を忘れさせようと思い、何かしら適当な話をするのだが、健はおっぱいの事で頭が一杯。あのボリューム、あの弾力。とにかくあの手触りが忘れられなくて。

 「なつこ……お前って、おっぱいどのくらいあるの?」

 「そ、そんなの教えるわけないから」

 「でもなつこのおっぱい……大きかった」

 「健ちゃん、おっぱい以外の話をして欲しい」

 自転車で学校に到着。自転車の人は裏門から入るのがお約束。それでも人目はある。

 「降りて、健ちゃんが自分で自転車を押すの」

 なつこは自転車から降りてそう指示。でも言われた少年は、彼女の胸のふくらみ以外は頭に入らないような感じだ。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ