彼女と自転車とおっぱい
彼女と自転車とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/18
最終更新日:2012/11/17 22:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女と自転車とおっぱい 第7章 ☆健のメモリアルオナニー
 少年はペニスが完全に落ち着くまで震え続け、慣れているはずのオナニーに久しぶりに大満足。大満足だった、本当に。

 「はぁ……」パンツとズボンを引き上げ、便器の上に座ったまま少しボーっとする。冷静になってからが問題。

 朝の一発目から学校でオナニーした。でもそいう罪悪感より、なつこのおっぱいが忘れられない事の方が大変。同じクラスだから、教室に戻ればなつこを見てしまうだろう。今まで以上に胸を見てしまうだろう。そういうのが何とも言えない感じ。

 頭も心もなつこ。 なつこのおっぱい。それをもう一度触らせて欲しいとか、そんな事を言って応じてもらえると思えない。だからこそもう一度触りたい。目を閉じればセーターのふくらみ。

 少年はトイレから出ると、妙に切ない気持ちを拭い去れないので、教室には入らず一人放浪する事に決めた。これから先、普通に生きていく事が出来るんだろうかと悩むような気持ちで一人放浪。
11
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ