彼女と自転車とおっぱい
彼女と自転車とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/18
最終更新日:2012/11/17 22:29

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女と自転車とおっぱい 第1章 ☆月曜日の朝・今日は元気に自転車で学校に行こう(自慢!)
 「あ、おはようございま~す」

 朝、インターホンに向かってそう口にするのが毎朝の決まり事。香山なつこ(12歳)は、幼馴染みで隣に生息している山本健がルーズだから、自分が引っ張るべきと思って毎朝迎えに来る。

 「うるさいなぁ、なつこの来るのが早いから悪いんだよ」と、健は母に急かされてイライラして高速の歯磨き。シャカシャカ。

 家の中に母がいて、家の外には母みたいな感じになってきた幼馴染みの女子が一人。どこに行っても見張られているような感じ。同じ歳のくせに母親みたいな感じが、まるで自分を子供扱いするようなあの感じが少しイラ付く。でも、一方では悪くない。

 「あ、健ちゃん、今日は早い」

 彼女が出てきた健を見てにっこり。

 少年は小6にもなったら、「健ちゃん」と言われるのが恥ずかしい気がしていた。でも止めさせないのはお得な気持ちになれるから。その辺、少し青春。

 
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ