【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
「…チッ、この酔っ払いが」

突き飛ばされた男は舌打ちをして頭をガシガシ掻いた。

(こんな色気のねえ女、売れねぇかもな)

どうやらこの男、メグを人買いに売り飛ばそうと企んでいるようだ。

荷物はあらかじめ用意していたのか、誰かが利用していたのを知っていたのか、後者であってもソーマ達の持ち物ではなさそうだ。

そして

「まあ物好きもいるからな。オラ!こっち来いよ!」

グイ!「うきゃ!?」

男はとうとうその正体を表し、メグの手を乱暴に引き寄せた!

「いたた!あにすんれすかあ!!」

「うっせえ!いいから大人しくしろ!」

ドス!「ぐええ」

騒ぐメグは鳩尾に一発くらった。

旅に出て早々の大ピンチ!さあどうするメグ?

「ゲホッ、ゲホッ!……こんのぉ~!負けるかぁあああ!」

ガバァッ!!

ガツッ!「ふぎゃ」

メグは痛さで酔いもまあまあ冷めてきたようで、怒りを露わにし、体勢を立て直すと男に頭突きを食らわせた。

「ぐぅっ…」

たまらずよろける男。

身長差で鼻に直撃したようだ。

「ツーンとくるでしょ~?必殺わさびアタックよ!」

たまたまなのに命名するメグ。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ