【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
そしてメグが旅の途中で出会い、相棒にと選んだのが、グラシスという紅竜(♀)を宿した女、ルディ・ファレル(年齢不詳)だ。

ルディは燃えるようなショートの赤い髪と赤い目が特徴で、類い希なる美貌の持ち主だ。

だが彼女は見た目と違い大変ものぐさな性格で、誰かが世話をしてやらないと何日も食事を取らなかったり、風呂も入らないある意味面倒くさい女である。

そんなルディを見付けたのはグラシスだ。

グラシスはどういう訳か人間の男が好きで、いつか白馬の王子を見付けてゲットしてやると野心を燃やす乙女な竜だ。

だが惚れっぽい彼女は竜である為に何度も辛い失恋を繰り返してきた。

彼女は思った。やはり人間の女の身体が必要かと。

竜はお互いが望めば、身体を融合させる事が出来るのだ。

彼女は自分の器になる女を探した。ブスでは人間であっても王子なんて見付からない。

そんな時現れたのがルディだ。

まあ現れたというより、物盗りに合い、腹を空かして行き倒れになっていたところを保護しただけなのだが。

グラシスは提案した。ものぐさなお前の世話をする代わりに身体を差し出せと。

ルディは答えた。
『いいよ~よろしくね~』
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ