【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
「何よ!わ、私と友達になって嬉しいクセに」

負け惜しみでつい、意地悪な事を言うメグ。

しかし

【うれしいが それがどうかしたのか?】

「!!」

素直にそう返され、ボン!!という音がするぐらい一気に顔が真っ赤になった。

その時、グラシスの中では

―なんかイチャイチャしすぎ~―

ルディの意識が少々イラッとしていた。

【ふふ もうすこし やすんでおれ】

どうやらルディとグラシスは、意識を自在に入れ変えられるようだ。


「ルディ起きたの?私、ルディにも聞きたい事あったんだ~」

【しつもんの おおいやつだ】

―なに~?―

メグには聞こえないが、ルディは返事する。

「あの時焼いてくれたお肉、一体何の肉だったの?」

【しょうもないしつもんだな さみーのいえにあったにくだから わかんないよ~ だそうだ】

何だかんだとルディの答えを通訳するグラシス。

「そっかあ~!やっぱりサミーじゃなかったのね」

ゴツッ!「いだっ!」

【まったく くだらん ことばかりかんがえおって おまえはそーまのことだけ かんがえていろ】

メグはとうとうゲンコツを食らった。
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ