【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
―るでぃよ…おまえ もしかして―


その感情の動きを察知したグラシスは、ルディに慌てて話しかけた。

「友達~」

ギュー!サワサワ

ルディはそれを無視し、メグの背に手を回して背中や髪や、どさくさ紛れにお尻の感触まで堪能した。

「あはは!ルディったらくすぐったいよお」

「友達~」

モミモミ

チュッチュ!

更にメグのお尻を揉みしだき、ほっぺやまぶた、首すじにキスをする。

「きゃーははは!そうね!私たち友達ね!」

だが、ピュア過ぎるメグはじゃれていると思っているようだ。

実はソーマとキスらしい事はしたのだが、ルディが女なのと、口ではない為キスとは思ってないのだ。


―くっ…さくやはまだ じかくがなかったのか…まさかこうなるとは―

いくら心繋がっていても、曖昧な気持ちは曖昧にしか伝わらない。

ルディの気持ちがハッキリした今、グラシスはしまった!と頭を抱える。

そう…恋愛は竜と人の間でも成立するように、女と女でも成立する。

だが気付いたところでもう遅い。なぜなら…

恋は走り出したら止まらないのだから。


…………………………………




こうしてメグとルディの冒険が始まった訳だが…





 
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ