【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
ゴシゴシ

「メグ~」

「ん?なになに?」

「グラシスが~強く擦り過ぎだってぇ」

「はいはい」

ルディの中のグラシスは相当彼女の美貌を守りたいようで、注文がやたら多い。

「ん~それなら手洗いの方がいいかな」

スル…

「ぁ、」

メグはスポンジをやめ、両手をルディの身体に滑らせた。

シュルシュル

「どうかなルディ?痛くない?」

ヌルヌル

「ン…あ、んふ」

「?」

ルディの妙な反応にメグは首を傾げる。

彼女はただ一生懸命傷つけないように洗っているだけなのだが、ルディは感度が良いのかメグのつたない手の動きでも気持ち良くなっている様子。

「メグ、もっ、と強く」

「こう?」

シュルルルルッ!

「んああ!」

ゾクゾクゾクゥッ!として、ルディは思わず切ない声を上げた。

「お、おっぱい、もお」

「あ、はいはい。胸ね」

モミモミシュルシュルモミシュルシュル

「ひ、ぁあん!」

ちょこちょこメグの指が乳首に当たり、ルディは下腹部がじんわり熱くなってきた。

「ん、ん」

そしてついに手を伸ばし、自分で触り始めた。



「あ、水くさいなあ!私が全部洗ってあげるよ!」

スルル!くちゅ、

「あ!ああ!」
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ