【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
チャポーーーン…


「…うはぁあ~…沁みるぅ~!」

湯船に浸かると身体中についた擦り傷にジンジンくる。

だが、それがまた妙に気持ち良い。

あれからサミーの家に戻ったメグは、切れた頭の傷をルディに縫ってもらい、濡らさないようにヘアキャップをしてお風呂に入った。

ガチャ「!」

「気持ちいい~?」

するとルディが入って来て、メグは思わず固まってしまった。

「ルルル、ルディも入るの?」

ゴクッ

(すっごい大きいおっぱい…しかも超美乳)

パシャ、

「うん。メグ洗って~」

ルディは湯をかぶると、『ほい』とボディソープとスポンジをメグに渡した。

「い、今私の事、メグって呼んだの!?」

自己紹介はこの家に連れて来られた時にとっくに済ませていた。

だが、名前を呼ばれたのは本当に今が初めてで、メグは超舞い上がった。

ザバッ!

「うん!洗うよ洗うよ!さ、座って座って」

それからルディの身体を洗い始めた。

ポシュポシュ

アワワワワ!

ゴシゴシ

「ルディ気持ちいい?」

「うん」

「えへへ」

(うわあ~メグって呼んでくれたあ!ねえソーマ、私友達出来たよ)

心の中でソーマに報告するメグ。
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ