【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由



「ぇええっ!て、事は…あなた、奥さんじゃなかったの!?」

しばらくして落ち着いたメグは、事情を聞き、やっぱり驚いていた。

「騙してごめぇん」

彼女は洞窟で野宿していた所を、男に家で座っててくれればいいからと雇われ、そこに連れて来られたのがメグだったという訳だ。

「いいよお!助けてくれたんだし!…でも何で?」

なかなかお人好しなメグだが、理由は聞きたいようだ。

すると…

「ん~…だあってグラシスが泣くんだもん」

「グラシス?」

「うん。あたしの中にいるの。紅い竜だよ~」

「…あ、あ、あ!紅い竜~!?」


それからメグは彼女から紅い竜との出会いを語ってもらったが、『ご飯とお風呂のかわりに身体貸したの~』と一言で済まされ、『ん~つまりソーマと似たようなもんなのね』と、半ば無理やり納得したのだ。

まあ、ソーマの事情はもっと深いのだが。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ