【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
パチパチ…

「…………ぅ、ん」

男に襲われてからどのぐらい絶ったのだろう?メグは暖かい空気とパチパチという音の中、静かに目覚めた。

(…焚き火?私…助かったの?)

安堵するメグ。

だが、

パチパチパチパチ!

モクモクモクモク!

「ぐおえ!ゲホゲホゲホゲホ!」

まだ洞窟の中なのか、辺り一面煙におおわれ、思い切り咳き込んだ。


「おはよ~」

「ゲホゲホ!だ、誰かいるの!?てか、おはよ~じゃ、ゴホ!なくて、け、ゴホンゴホン!消して!」

「なにを~?」

「焚き火よ、ゲホッ!焚き火ーーー!!」

「寒いからやあだ」

「もーーーーーう!」

仕方なくメグは痛みで軋む身体を起こし、洞窟から逃げ出した!





ドタッ!

「ゲホゲホ!ゲホ!し、死ぬ!」

洞窟を出たところで倒れ込むメグ。

外は朝になっていた。

モクモクモクモクモクモクモクモク

「ハアッ、ハアッ、ゴホ!ハアッ!」

入り口を見るとまだ煙が出ている。

(大変…誰だかわかんないけど、助けなきゃ!)

メグは中にいる人物を助けに戻ろうと立ち上がった。

だが

スタスタ

「焼けたよ~」

その人物は平然と洞窟から出て来たのだ。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ