【Monochrome】番外編・紅と蒼
【Monochrome】番外編・紅と蒼
成人向アフィリエイトOK
発行者:稲妻
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:【Monochrome】番外編集

公開開始日:2013/05/04
最終更新日:2013/06/08 17:22

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【Monochrome】番外編・紅と蒼 第1章 不純な理由
蒼い竜の夢を見た




私は彼の背に跨がり、大空を自由に飛び回るの


夢の中の彼は私が作り上げた姿


愛しいあなたは本当の姿を一度も見せないまま、どこかに行ってしまった…




「ソーマ……ぐすっ。会いたいよぅ」

【めぐ もうそうはいいから はなみずをふけ おとこがよりつかなくなる】

カチン!

「妄想じゃなくて夢だよグラシスのばか!相棒が泣いてるのに慰めてもくれないの!?」

メグと呼ばれた女は、鼻水を垂らしたまま訴えた。

【きたない よるな なぐさめるひまがあれば わしはなんぱをする】

グラシスと呼ばれた女は、それを冷たくあしらう。


彼女たちは今、ハンター登録をする為、登録所がある街まで旅をしている途中である。

ハンターというのは様々な依頼を引き受ける、曰く付きの政府非公認の職業である。

依頼内容は暗殺から盗み、浮気調査や配達、草むしりにゴミ拾いまでピンからキリである。

まあハンターなんて気取った言い方をしているが、結局のところ便利屋である。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ