女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第5章 ☆太郎と次郎1・俺たち、どちらも一人ぼっち
 タバコを吸いながら、自分もまたヘッドホンで音楽を聴きながら、のんびり屋上で横になっている南極太郎。心地よい太陽の光と風を感じながら、何気なく目を動かした。起き上がって金網の方を見れば、誰かが一人よじ登っているではないか。

 あれはもしかして北極次郎か?

 太郎は体を起こすと、気になったので声をかける。

 「上にのぼって何すんの?」

 驚いた次郎は振り返ったが、目に涙。それも現在進行形の涙。目にした太郎の気持ちをドキッとさせる涙。金網を掴んだまま、その涙目で下を見る次郎は思う。声をかけたのが南極太郎だから余計に切ない。少し美少年で異常にモテる奴、次郎にすれば敵。

 「おい、お前まさか自殺でもするつもり?」

 驚いた太郎が真下から見上げて声をかけるのだが、次郎は無視してどんどん上っていく。彼は潔く大輪の死に花を咲かせるつもりだ。マイナスのエネルギーが発散されている。

 「待て、自殺する理由って何だ? それくらい聞かせろよ」

 そんな風に言われて、ムカつくと思った。でも次郎は、どうせ死ぬのなら正直に言おうかと思い直す。死に行く者に恥じもクソもないと考えたかもしれない。

 「一人人ぼっちだから、女の子に相手にされないから」と、吹っ切れたように涙の台詞。それを口にしたら死ぬしかない。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ