女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第3章 ☆高校生になっても変わらねぇ・太郎の心がドキドキする1人
 イライラする太郎、一度教室に行ってカバンを置いた。女子たちがうるさいから早く屋上に行かないと一人になれない。

 そんな彼はふと教室の窓際に目を向ける。クラスメートの男子、北極次郎。そんなに沢山話をした事はないのだが、感じる。あいつは心の優しい奴だと感じる。だから太郎は少し胸がドキドキするのだった。北極次郎の持つ優しさに胸がキュンとなる。

 南極太郎の心が感じる所によると、北極次郎の持つ優しさは本物だ。女みたいな図太い下品さはない、女みたいな白々しいモノでもない。ただひたすら純真で繊細で本物の優しさ。

 彼は今、話しかけたいと思った。でも北極次郎はヘッドホンで音楽を聴いている。だから邪魔したら悪いと思って声をかけられなかった。太郎は制服のポケットにタバコを入れて屋上へ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ