女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第3章 ☆高校生になっても変わらねぇ・太郎の心がドキドキする1人
 「またか……」

 自分の靴箱を空けたらラブレターが落ちてきた。高校生になった南極太郎。ほんのりな美形に磨きがかかっている。男と女の中性的な魅力さえ漂う。日本中の女子が黙っていられないほどだ。

 いいなぁ太郎はモテてうらやましいよ、そんな事を隣のクラスメートが言った。他の場所にいるクラスメート達も言った。

 太郎はラブレターを見る。いかにも女子という丸みのある可愛いな字体。それを見るだけで忌々しい過去が蘇りそうだ。

 「ほら、欲しけりゃくれてやる、これでお前もモテモテ」太郎はラブレターをモテないクラスメートの男子に渡していく。遠慮せず受け取れとか言いながら渡していく。

 待て太郎! 一人が立ち去ろうとする太郎を呼び止めた。

 女の子の気持ちを粗末に扱うな! とか言う。

 「何が女の子の気持ちだ、よくそんな恥ずかしい台詞を言えるな」

 と、心に傷を持つ少年が怒る、それほど白々しい台詞があるものかと。女の子の気持ちと聞かされたらムカつくばかり。握った手でロッカーを叩き周りを驚かせるのは悲しい自己防衛。

 屋上でタバコを吸おうと思った太郎。歩き出してから振り返る。そして後ろにいるクラスメートに向かって叫んだ。

 「女が俺の魂を粗末にした、だから俺も手紙を捨てるんだ」

 その叫び、並々ならぬ憎しみと怒りに満ち溢れている。だからクラスメート達はヒソヒソ言い合った。なんであんな奴が女にモテるんだろうと。彼らにとって南極太郎は敵にしか見えない。

 
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ