女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第13章 ☆屋上は2対カップルの華の宴
 (校長先生……)

 太郎は仰天したがもっと驚く事が起こる。校長の姿に刺激されたのか、次郎が赤い顔をして訴えたのだ。今度は僕が太郎に挿入したいと、もう一度愛し合いたいと。興奮しているらしい、優しい次郎が太郎を押し倒しではないか。

 「大丈夫、絶対に優しくするから」と、次郎も新しい段階に進む勇気を持つ。太郎は驚きながらもそれを受け入れる決意。

 「ぁぁん……」栗山はたくましい校長に抱かれながら大きな声を出している。彼は正常位で校長に抱かれ、少しずつ自分の中の何かが剥がれるように思っているのだろう。即ギレするどうしょうもない男だった自分を校長が抱いてくれている。

 「栗山くん、今までの自分を大事にするのではなく、新しい自分を素直に受け入れてごらん」校長は栗山を誘い続ける。

 その頃、少し離れた場所ではゆっくりと、丁寧な気持ちで太郎に接している次郎。彼は勃起しているペニスを太郎に入れたら、相手が痛がる事を包んであげたいと懸命に心を砕く。

 「太郎、大丈夫?」

 次郎は痛がっている太郎を気遣い、髪の毛を撫でてピストンを控えめ。2人で一緒に気持ちいいと思えるようになりたいから、自分だけワガママにならないようにと。

 太郎はこれでいいんだよと合い方に述べた。お互いが交互に抱く役と抱かれる役をやれば、それで満たされれば男同士でも通じ合える。それが出来れば女なんかいらない、女子なんか不要。

 2人の少年は互いの気持ちを確認し合う。だから先ほどの太郎と同じで、今度は次郎が高ぶって抑えられなくなってしまった。相手の温もりの中で射精したいと冷静になれない。

 
22
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ