女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第2章 ☆星が輝かない・全くモテないで切ないだらけ北極次郎
 頭の上の星は輝かない。北極次郎は心優しい少年だった。でも女子は彼を認めない。そして肝心要では相手にしない。

 「人間は中身だよ」

 とか女子が言うのは詐欺師の台詞。北極次郎は優しい性格だから言いように利用されてばかり。そして女子は一度も彼に感謝しないのだった。

 北極次郎は小学生の時に思った。自分は一生女の子と縁が持てない人生なのではないかと、そんな気がしてならない。

 だったら大人になる意味なんか無い?

 北極次郎は心の中で思ってしまう。一生一人で、誰にも相手にされないで寂しく死んでいくのが自分の人生なんだろうなと。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ