女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第11章 ☆腐れ教師の栗山登場・だったらジャンケンで決めようぜ
 「全く、学校で堂々とタバコを吸いやがって」と、屋上の扉の前で吸殻を拾う教師が一人。

 栗山という名前のこの男、30歳を超えた教師でありながら即座にブチギレするガキのような男。「とっつあん坊や」と呼ばれている。だから誰も彼を愛さない、事実彼は愛された経験が一度もない。可哀想な人かもしれぬ。

 (何だ、声が聞こえるぞ)

 そう思った栗山。屋上へと続く扉を開いた。すると、そこには男子が2人。どちらもズボンを脱いで密接しているではないか。男子校ならまだしもここは共学。共学では考えられないその絵に、栗山は衝撃を受けてしまう。

 あの2人、まさか学校で愛し合ったのか? 男同士、禁断の世界、肉体関係。心貧しい栗山は2人に向かって歩き出す。

 こら、お前ら何をやっている! と、後ろから声。驚いた2人、挿入している太郎は振り返って焦った。

 (ゲッ、栗山のとっつあん坊やかよ……)

 太郎は慌てて振り返ると、後ろの次郎を隠しながらズボンを穿く。そして彼は、何があっても次郎は俺が守ると思った。栗山は苛立ったような顔で太郎を見て、こう言い渡す。学校は愛し合う場所じゃないぞと。

 「ちげーよ、保健体育の勉強してたんだよ」太郎はベルトを締めながら態度の悪さを栗山に見せる。自分の純真さは次郎にだけ見せればいい、他の奴はみんな敵だ、だから戦うしかないとする心。

 
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ