女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第10章 ☆2人の愛し合い3・交流・受け止めたい
 北極次郎。彼は心を決めなければいけないと悟った。自分が女子だったら戸惑うだろうが、男同士だから分かる。感覚が分かるのだ。太郎が一線を越えてしまったと。だから震えながら言った、出してもいいよと。

 「じ、次郎……次郎!」

 「出して……出していいよ、我慢しないで太郎」

 2人はどちらも、相手が自分に近づくと感じた。共に満たされなかった者同士。その両者の魂が、それがとても純粋に光り輝いて合わさろうとする。愛と言う名の営みが成就されようと。

 「んぐぅぅ!」

 太郎は射精に達した。グッと強く次郎を押し、温もりの中でペニスが弾ける。

 凄まじい勢いで自分の中に溢れてくると次郎は衝撃。こんな感じを自分が味わうとか思ってもいなかった。まるで自分の胸の内側が全部弾けるような、光り輝く相方の思いを丸ごと自分が吸収するような。とにかく次郎は声も出せずに受け止めていく。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ