女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第10章 ☆2人の愛し合い3・交流・受け止めたい
 「入れるぞ?」

 太郎は次郎の真後ろに立って伝えた。緊張している次郎を見ながら、太郎は勃起しているペニスを片手で掴む。

 ちなみに太郎がペニスを勃起させたのは精神的な高揚。男同士の愛は初めてだが、次郎を愛したいと思って興奮したら勃起出来た。ちょっとした感動、胸がキュンとなる。

 「……ぁ、んぅ」

 次郎はギュッと金網を握って唇を噛む。来た、後ろから太郎の熱いペニスがググっと入ってきた。優しい少年は心の動揺と、回転するような痛みに冷静でいられない。

 痛い、痛いよ! 次郎は涙が出そうになって震えてしまう。一方後ろの太郎は、まずは次郎の温もりに入った事に衝撃を受けていた。温かい、そして次郎が優しい。

 後ろからグッと密接すると、痛がっている次郎の肩に手を置き、言葉を渡す。気持ちいい、そして大丈夫だと。太郎は次郎にこう伝えたい、痛いのは申し訳ないけどお前の気持ちは俺が包むよと。だからゆっくりと、興奮を抑えながらピストンを始める。

 パンパンと、太郎の股間と次郎の尻がぶつかる。次郎は痛い、そして恥ずかしい。だから金網を握って涙を浮かべてしまう。

 
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ