女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第8章 ☆2人の愛し合い1・次郎が導かれるのは分かり合えるから
 「次郎、お前……交互に入れるとか言っても、優しい性格だから俺に入れるとか出来ないだろう?」

 太郎に言われて赤面する次郎。だから相手に言われた、手で扱いてやるからチンポを出せと。先に太郎が次郎を導いて、次に次郎が太郎を導くという段取りのようだ。

 「……出すけど、笑ったりしない?」

 恥らう次郎はまるで女の子のよう。例え同性でも他人にチンポを見られるのは強烈な経験。でも太郎の真面目な顔を見たら、恥じらいながらもズボンのベルトを緩めて下ろす。少し魔法をかけられたみたいな気がする。

 生まれて初めて他人に見せた。まだ勃起していない段階。真っ赤な顔で恥じらいの震え。恥ずかしくて胸が破裂しそうな感じ。

 太郎は次郎のを見たとき、意外と驚かない事に驚く。同性のチンポを見ても特になんとも思わない。それどころか次郎のだと思えば愛しいかもしれぬ。何か魔法があるような感じがした。

 「……ぁ、ぅんぅ」

 次郎は太郎に触られてビクンと身震い。一瞬にして体中に気持ち良さの電流が走って勃起へと誘われる。どうしてだろう、男に触られているのに圧倒的に優しく気持ちいい。

 次郎、気持ちいいか? 太郎は触りながら顔を見上げる。次郎は衝撃を受けて震えているが気持ちよさそう。少し涎が落ちる。

 男同士だから分かるのだろう。ペニスという部分が繊細という事情を、乱暴にしなくても気持ちよくなれるという事情を。だから太郎が次郎を気遣って触れば、信じられないほど気持ちいい。次郎は細い目で鳥肌を立て動揺しながらも涎を落としていく。

 
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ