女子なんかいらねぇ
女子なんかいらねぇ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/11/07
最終更新日:2012/11/07 00:39

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
女子なんかいらねぇ 第7章 ☆太郎と次郎3・愛し合いたい気持ち・受けるか否か
 南極太郎、次郎を抱きしめながら震えた声でつぶやいた。これは罪の意識をもたされ悩む台詞だが、言わずにいられない。

 「あ、あのさ……抱くとか抱かれるとか……ダメか?」

 太郎は次郎が愛しい。もう少し言えば禁欲していて溜まっているという事情もある。でも今は、純情な気持ちだと思いたい。

 「そ、そんな……急に言われても……恥ずかしいよ」

 次郎はドキドキする。抱くとか抱かれるはセックスを意味するのだから、応じたら凄い事になってしまう。そして遊ばれるのはイヤだとも。

 遊びじゃないよ、太郎は伝える。もしセックスをしたら、その時は次郎を一番大切な存在と認定する事を約束するらしい。その気持ちで次郎を愛する男になる事を約束すると震えた声。

 
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ