みぃつけたぁ
みぃつけたぁ
アフィリエイトOK
発行者:やまきょん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/11/25
最終更新日:2013/04/18 20:08

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みぃつけたぁ 第3章 第1部―始まり―
「まったく、力になるとか言いながら・・・頼りないわぁ」

そんなことを言い、ふと腕時計を見ると次の授業の時間が迫っていた。山田は次の授業で一緒になる憧れの人物「柿本」に会うため、大嫌いな授業であったとしても、たとえ、選択教科として取るんじゃなかったと後悔していたとしても必ず出席するようにしているのだ。授業に行く事を告げるため、もう一度だけ辺りを見回したがやはり田中の姿は見つからなかった。

「もうええわ。授業にいくからな!!」

捨て台詞を吐いて、山田はさっさと校舎の中へ入っていった。ところが田中は山田のすぐ傍にいた。ただ、山田にはその姿が見えなかっただけだった。田中は必死で山田に声をかけていたのに・・・「おい、俺はここにいる」と耳元で囁いて、冗談で頬にキスしてみたりしたが全く反応がなく、しかも山田の感触がないということにショックを受けていた。
「力になるとか言いながら・・・」とか「もういいよ」と山田が言っているときも田中は一生懸命に傍にいる女の子を指差し話していた。「この子、この子じゃないのか?お前の行方不明の親戚って?」と何度も大きな声で繰り返し山田に向かって話していた。


やがて山田が校舎に消えていった後、田中は不機嫌そうにその小さな女の子に言った。
「一体、俺に何したんや。このチビ野朗!」
27
最初 前へ 24252627282930 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ