みぃつけたぁ
みぃつけたぁ
アフィリエイトOK
発行者:やまきょん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/11/25
最終更新日:2013/04/18 20:08

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
みぃつけたぁ 第3章 第1部―始まり―
「その、いとこって・・・あの子ちゃうんか?」

何のこと?と後ろを振り向くと、食堂のテラスにある木の陰に小さな女の子が立っていた。
ただ、表情はこの距離では見えにくくて、はっきりと洋子だということが判別できない。

でも・・・
「あの背格好、よく・・・似てる」
「一人でここまで来た、ってことか?」
「でもどうやって?」

 電車に乗ってきたのか?それとも歩いてきたのか?たしかに歩いて来ることができない距離ではない。でも小学生の女の子がここまで無事にたどり着けるのだろうか?そんな事を言い合っているうちにその女の子が完全に木陰に消えてしまった。「そんなくだらないこと、考えるのはあとにしろ」と田中は言った。とにかく、彼女が洋子であるかどうかを確かめるのが最重要だと言ったが、もちろん山田もちょうど同じ事を考えていた。


 山田と田中は木傍に行き、食堂から見えるあらゆる物の死角部分に目星をつけて少女らしき影を追ったが、洋子どころか田中と山田が見たという影の正体はどこにもなかった。一瞬でも見えた山田は気のせいだったかもしれない、実験室の煙と間違えたのかもしれないと思い始め、田中に影の特徴を尋ねようと思ったときだった。背後で田中が「あ!」と叫んだ。

「何?田中、誰かいた?」

山田が声が聞こえた方向を向くが、そこには田中どころか誰もいなかった。おかしい、後ろで声がしたと思ったのに・・・声が聞こえたはずなのに、どこにも田中の姿はない。
「田中、どこに行ったの?」と言っても返事は返ってこない。もしかして、探すのが面倒になって途中で食堂に逃げ帰ったのかもしれない。それとも、田中の陰湿なファンが田中を見つけてやってくるのが見えたから山田に断りもなくどこかへ逃げたのかもしれない。・・・ありえる、大いにありえる。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ