Marble Glace
Marble Glace
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/01
最終更新日:2013/01/27 09:13

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Marble Glace 第1章 プール
これで、彼がやめてくれると思ったから。

案の定、彼は、ガッカリしたように項垂れてしまった。

「…あーあ…せっかく盛り上がったのに…つまんね~…」

お湯から両手を出し、外のタイルに両手を伸ばして俯く。

「こんなところでエッチなこと考えるからだよ…帰ってからだっていいじゃん?」

言ってから思うけれど、これでは私が帰ってからエッチするのを期待してるみたいである。

余計なこと、言わなきゃよかった。

テンションを戻す為に言った言葉が逆効果になってしまい…

「…真奈美も俺とエッチしたいの?」

なんて聞いてくる始末。

「…えっ…いや、そうじゃなくて…」

「だって、『帰ってからでいい』って言ったじゃん?」

「って言うか…あの…」

彼は単純でちょっとバカな男なので、完全に私が言った言葉を勘違いしたみたいだった。

「俺ね、真奈美とだったらドコでもするよ?真奈美がいいなら、ドコでもいいんだもん」

急に機嫌が良くなったのか、振り返り私を見てニッコリ笑うと、ピラミッド風呂から上がり、そして手を伸ばしてくる。
「…出よ?違うところ行こ?」

悪気のない笑顔なんだけれど…

実はこの裏では、彼の別な企みが…。

ピラミッド風呂の隣のフロアに移動すると、そこは大きな温泉があり、数組カップルが遊んでいるのを目にした。

彼はそこも抜け、どんどん奥まで歩く。

ふと、開けたところでちょっとビックリした。

個室がたくさん並んだところに出たから。

「…ここね、家族風呂なんだ。唯一裸で入れるところ」

以前来たことがあるのは満更ウソでもないようで、そう言った彼は、更に奥まで私を引き込むと、奥から二番目にある部屋のドアを開けた。

中をキョロキョロ確認して、私を見る。

「ココにしよ?入って?」

グッと手首を引っ張られ、言われるまま中に入った。

.
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ