Marble Glace
Marble Glace
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/01
最終更新日:2013/01/27 09:13

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Marble Glace 第1章 プール
こういう公共の場は、さすがにマズイでしょ??

「変態?かもなー。最近俺さぁ、欲求不満気味なんだよね~…ほら、しばらくしてないじゃん?この前会った時は、真奈美が生理で出来なかったし、その前は俺が酔って寝ちゃったからしなかったし…何だかんだ、一ヶ月以上してないでしょ?」

急に彼の表情が変わる。

いつもそうなんだけれど、気分的にエッチ方面になると、真顔になるし、声のトーンまで下がってきて本気モードを垣間見る。

チャプン…とお湯の跳ねる音がして、彼の片手が胸まで上ってきた。

「…や…ふざけないでよっ…」

肩を動かして、体を捩じらせると、益々彼は私を抱き竦めてくる。

「…うるさくすると周りに聞こえるよ?」

「そんなこと言ったって…見つかったら恥ずかし…」

「静かにしていればわかんないよ。騒いで見つかった方が恥ずかしいんじゃないの?」

ああ言えばこう言う。

今の彼には、何を言ってもやめてくれないと思った。

「…だ…ダメだよ…」

そう小さく言い、彼を見るけれど…

何だかいつもと目つきが違うし、ちょっとおかしいよι

私の言うことは聞きもせず、手が胸を漁ると、水着の間から指が入ってきた。

でもそこですぐ止まる。

「…どうしたの?」

「…なんか…パットが入ってて、触りづらい…(泣)」

そう言えば、水着って、胸にはかなりパットが仕込まれてるよね。

元々小さい胸だから、少しでも良く見えるように、思い出したけど、私の水着、結構厚めのパットが入ってたりしてw

「…ゴメン…普通の服じゃないから…ちょっと厚めなのが入ってる…よ?」

言いながら、ちょっと嬉しくなった。

.
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ