Marble Glace
Marble Glace
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/01
最終更新日:2013/01/27 09:13

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Marble Glace 第1章 プール
「ねぇ。真奈美さぁ、この水着、去年と違うよね。また新しいの、買ったの?」

「は?去年のなんて、よく覚えてるね…」

去年は確か、大胆なことにビキニタイプの水着を着ていたはず。

今年は、下腹部が気になり始めたから、ワンピースタイプに切り替えた。

「そりゃ覚えてるよ。去年、やらしー水着だったじゃん?」

「…そんないやらしくないよ…」

呆れて答えると、彼、ふとキョロキョロ辺りを見回す。

そして、誰もいないのが分かると。

「ちょっと…やめてよっ」

お湯の中に手が入り、お湯越し?に、太腿をムニムニと触ってくる。

「いーじゃん。見えないんだしさ」

開き直ってるのか何だか知らないけれど、すっごく楽しそう。

「なんかさ~。女の肌っていいよね~。柔らかくてさぁ、あったかくてさぁ。触ってるだけで、幸せだよ~」

食べることが好きな彼だから、アンタはそんなことより、食ってる時の方が幸せなのでは?と思うけれど、あえてそこには突っ込まないこととする。

本当に幸せそうにそう口にして、私の肩を引っ張ると、背中から抱き竦めてきた。

「…貴志~…苦しいし、痛いよぉ…」

彼の場合、ガタイがいいのと、力加減がないのがマイナスである。

息、出来ないしι

しかも、狭いし、余計に動けない。

「…真奈美がさぁ…気持ちいいから、勃っちゃった」

私を抱き竦めたまま、頭の後ろでそう言い、硬くなった下半身を、お尻にくっつけてきた。

「…ちょ…こんなところで…変態じゃん…」

実は彼のこういう行動、よくある話。

二人でピッタリくっついていると、すぐ興奮しちゃうみたい。

それが自宅とか、本当に二人っきりでいられるところならいいんだけど…。

.
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ