Marble Glace
Marble Glace
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/07/01
最終更新日:2013/01/27 09:13

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Marble Glace 第1章 プール
これは、彼と二人でプールに行った時の話。

友達がバイトしていて、『貴志くんと一緒においでよ』と言われ、タダ券を貰ったんだけど。

そこは、プールはプールなんだけど、どっちかと言うと、温泉に近いプール。

プールもあって、お風呂もあって…と言う施設。

昼間は子供や家族連れ、水泳教室などをやっているみたいだけれど、夜になると客層が変わり、若者年配問わず、カップルでの来客が多いらしい。

そんな私も、日中は仕事があるから、夜、わりと遅い時間に行ってみた。

言われた通り、彼も誘って。

「俺ね、ここ来たことあるよ。って言っても結構前だけど…あれから随分変わったみたい。プールもキレイになっているし、こんな、カップルで入る風呂なんてなかった」

ここの施設は、お風呂だろうが何だろうが、全て水着着用。

彼と二人で入ってみたのは、ピラミッド型になっているホントに二人用の狭いお風呂。

しかも、他の客からは見えないように、周りを囲ってあるから、このお風呂はどういう目的で作ったんですか?と聞く方がバカバカしいくらいだ。

そして時間が時間…今、夜、23時を過ぎた。

深夜3時まで営業のこの施設だから、まだ余裕はある。

平日だからか、人は本当に疎ら。

従業員も暇そうで、さっき、若い男の従業員は、欠伸をしながら見回りをしていた。

「…たまにはこーゆーものいいよね…知ってる?ココ、お金払うと、入場料、3000円なんだって」

「ゲッ、マジで??俺が来てた時は、もっと安かったような気がするんだけどなぁ…」

「ま、時代はどんどん変わるからね。仕方ないよ。これだけキレイなお風呂がたくさんあればさ、ある程度高くても、納得は納得だよ」

「…まーねー…」

そんな他愛もない話をしながら、チャプチャプお湯に浸かっていると、突然彼は、話を変えてきた。

.
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ