取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 逆さにぶら下がっている苦しさと、男の目の前で剥かれる恥ずかしさが入り混じり、被虐の少女は哀しく呻く。

 しかし鉄棒に膝を引っ掛け、自らの体重で苦しげな逆さ吊りの責め苦に耐える彼女には、どんなに嬲られても抗う術はない。
 見られても、舐められても、いたぶられても、ますがままになっているしかないのだ。

「ほら、ここ好きなだけ嬲ってやるよ、剥き出しにしてな」

 そういうと男は上下さかさまになった多佳子のオ×××を、二枚貝を指で開けるようにパカアと左右に開くのだ。
 中から生々しい赤身の肉が現れ、男はそれにぶちゅりと唇ごとつけると、ずずずと吸った。

「あああっ!」
 
 男は悲鳴を上げる多佳子に構わず、情欲の体液を溢れさせるその蜜壺を、ずずっ、ずずっと美味そうに吸い上げる。

 多佳子は苦悶と快楽の入り混じった顔で、弱々しく呻き続けるばかりだった。

「ダメ……そんなにしたら……力が、抜けちゃ……あああ」

 甘い呻きに、少女が官能の渦に巻き込まれていることを知った男は、吸い付くナマ赤い亀裂の上端、いまは逆さになって自分の顎あたりにあるぷっくりとした肉豆にも指を伸ばした。

「や……そこはダメ……」

 哀願を無視して、男はそこをぐりぐりと指の腹で擦り始めた。

「ああうっ!」

 多佳子はたまらず、逆さにぶら下がった状態でいやいやと首を振る。

「お願い……もう止めて……力が抜け……」

 男は意地悪く笑う。
「へへ、こうやっていたぶられながら、いつまでそうやってぶら下がっていられるかな?」

「ダメ、本当にずり落ちちゃう……」

「落下したら罰として、落ちた場所でハメやるからな、頑張れよ」
「やだやだ、そんなのいやぁ」
「じゃあ落ちないようにしろ」
 そしてまた男はずずずと秘肉の内側をすするのだ。

「あああーっ!」

 静かな山間の村に、少女の悲鳴がいつまでも響き続けた。



(この章終わり・第10章「切り裂かれた白衣」へ続く)
97
最初 前へ 949596979899100 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ