取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 心の内を押さえ込んで、わざと冷たく言い放った。
「それじゃしょうがねえな。このまましてみろよ」
「このまま……?」
「そう。ぶら下がって、パンティを履いたこの状態のままで、小便をするんだよ」

 目の前の太ももが大きく揺れた。
 下で瞳が体ごと首を振っているのだ。

「いやです! そんなこと絶対できません! 本当にお嫁に行けなくなっちゃう……」
「へへ、そうだなぁ。逆さになったまま、自分が出したものをかぶるんだもんなぁ。大丈夫だ、俺以外には見てないからよ。ほら、早くしてみろ」

 そう言うと男は、逆になっている少女の下腹部を、ぐい、と押した。

 膀胱を刺激され、瞳が「きゃあ!」と悲鳴を上げる。その拍子に、こらえていたものが外れたのだろう。目の前の股間に変化があった。

 はじめは小さな現象だった。
 ショーツのクロッチの中央に、心なしかじわりと染みができたように見えた。
 やがてそれは大きな黒い水たまりとなって広がっていった。

「ほう、だんだんパンティがぐちょぐちょになっていくぜ」
「ああ、やだぁ……」
 下の方で顔は見えないが、瞳はもう泣き声だった。

 ただでさえ屈辱的なポーズで男の眼前に股間を晒しているのに、そのうえそこを、絶対人に見せてはいけない行為で濡らしつつあるのだ。
 舌を噛み切りたい思いだろう。

 しかし、男はさらに容赦なかった。
 こぽこぽと下からの水流で盛り上がるショーツの股間に手を掛けると、それを一気にずらしたのだ。

「あああーっ!」
 絹を裂くような悲鳴が、グランド全体に響き渡った。

 彼の目の前に現われたのは、ピンクの肉穴から吹き上げられる噴水だった。
 ぱっくりと割れた乙女の股間から、液体の排泄物が勢い良くほとばしっている。
 天へ向かって上昇するそれは、やがて弧を描き、少女の股間や剥き出しの腹、胸までずり下がっている服などに落下していった。
 乳房でかろうじて引っ掛かっているトレーナーが、みるみる黄色く染まっていく。
95
最初 前へ 92939495969798 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ