取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
「苦しい……」「あ、頭に血が下がる……」

 小さく呻く乙女たちの前に、男は再び立った。
 ちょうど彼の顔のすぐ下に、股間を天に向けたショーツがある。
 少し足を開いて膝を掛けるよう命じたので、二人ともクロッチの部分が丸見えだった。
 その二重になったショーツの股の部分は、嬲られ、穢され、いたぶられた名残をくっきりと留めている。
 少女たちが吐き出した愛液が乾いた、涙のような跡だ。

 男は瞳の前に立った。
「どうだ、苦しいか?」
 汚れた股間に話しかけているような気分だった。

「く、苦しいです……」

 声は下から聞こえてくる。
 ちょうど彼の腰の位置に少女の顔があるのだ。

「そうか、じゃ楽にしてやるよ」
「降ろしてくれるんですか……?」
「いいや、苦しいのと気持ち良いので、訳分かんなくさせてやるよ」

 そう言うと男は、瞳のショーツに手を伸ばし、その股間をすっと撫でた。
 下の方から「きゃん!」と小型犬が鳴くような声がする。

 男はなおもそこをいたぶり続けた。
 上から布地を押さえ、恥ずかしい谷間をくっきりと白日の下に浮かび上がらせる。
 割れた部分の上──いや、いまは下だ──にある、突起の回りも押さえて、その豆状のものがどれだけぷっくりと膨らんでいるかを、布地越しに露にした。

「やだ、いや、しないで……漏れる、漏れちゃう」

「なんだ、また感じて濡らすのか?」

 下のほうで、逆さ吊りになった少女がぷるぷると首を振るのが分かった。
「違うんです、ト、トイレにいきたいんです。さっきからおしっこがしたくてしょうがないんです……」

 これこそ男が狙っていたものだった。最初にどあれだけ大量に水を飲ませたのは、まさにこの少女が尿意に襲われるのを予想していたからである。

 どうだ、と彼は叫びだしたくなった。
 単なる肉体の快楽とは比べ物にならない、この愉楽はなんだ。
 競馬で万馬券を当てるより何倍も興奮する。
94
最初 前へ 91929394959697 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ