取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第2章 理亜
(7)

 30分後、崖から集落へと戻る車の助手席で、理亜はぐったりとシートに体を沈めていた。
 一応薄いトレーナーとジャージは身に着けているが、ところどころに白濁した液がこびりついている。
 全身から男の体臭がしていた。

 太郎は車を運転しながら、横で放心状態になっている少女をちらりと見る。
「自分達以外誰もいない村ってのは、いいもんだな。好き勝手に運転できる」
 そう言ってわざと蛇行したりする。
 理亜は興味がなさそうだった。
 というより、その視線は宇宙の彼方へ飛んでいた。

「気持ちよかったか、おい?」
 太郎は声を掛け、助手席に手を伸ばした。

 シートベルトで斜めに押さえつけられた理亜の形良い胸が、こんもりと盛り上がっている。
 トレーナーの薄い生地を通して、乳頭の小さな盛り上がりが分かった。

 男の手が、服の上から乳房を揉む。
 理亜はわずかに目を閉じたが、抵抗しなかった。
 そんな気力もなさそうに見える。

 好き放題に少女の胸の感触を楽しみ、男はまた訊いた。
「気持ちよかったかって訊いてんだよ」
「はい、気持ちよかったです」
「そうかそうか」

 両手をハンドルに戻し、さらに彼は命じる。
「またして欲しかったら、そこで服をめくりあげろ」

「……」

 人形のように無表情な理亜は、無言のままシートベルトを外すと、トレーナーの裾に手を掛け、ゆっくりと持ち上げた。
 息を呑むほど美しい乳房が現れる。
「……また私をかわいがってください……」



(この章終わり。第3章「由美」へ続く)
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ