取り残された乙女たち
取り残された乙女たち
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:日向章
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
取り残された乙女たち 第9章 振り絞る汗の匂い
 再び唇を重ねたまま報告を命じる。
 もはや少女たちは、理性が抜け落ちたように恥ずかしい言葉を口にした。

「あああ。オ×××いじられながら、チ××を触ってます。固いの。チ××がすごく固いの」と多佳子。

「も、もうダメです。立ってられなくなります。オ×××をいじられすぎて腰が抜けちゃいます! チ、チ××をこすり上げながら、瞳、腰をガクガク震わせてます!」と瞳。

 これ以上の快感はねえな。
 ぐちゅっ、ぶちゅっと乙女たちの唇をむさぼりながら、男は悦に入っていた。

 目の前数センチで美少女たちが卑猥な報告をしながら、懸命に自分の怒張をこすっている。
 王様にでもなった気分だ、彼は思った。

 ひとしきり堪能すると、彼はいったん二人から離れた。
「よし、そろそろ本当に体操をしようや。互いに背中合わせになれ」

 少女たちは顔を見合わせると、もじもじしながら互いの背中をくっつけた。
 多佳子のほうがわずかに背が高い。

「次は、バンザイをして、後ろで相手の手首を持つ」
 少女たちは両手をあげた。
 瞳が多佳子の手首を握った。

「そのまま瞳は上半身を倒せ。背中に多佳子を乗せるんだ」
 つまり柔軟体操でよくやる、交互に相手を背負う運動だ。
 非力な少女でも、腰を踏ん張ればなんとかパートナーを背中に乗せることができる。

 瞳がぐっと力を込めて上半身を前に倒すと、体が伸びた多佳子はのけ反るような格好で天を向いた。
 肺が広がったせいか、はあああーっと声を漏らす。

 男は重なった少女たちの体に歩み寄った。
 二人の頭の前に立つ。
 懸命に友人を持ち上げている瞳は下を向いたままだが、上でのけ反っている多佳子は苦しげな表情で彼を見上げる。

「そのままにしてろよ」
 命じて、男はじっと多佳子を見下ろした。

 髪の毛を逆立て、バンザイの形で苦しそうにのけ反る姿は、可憐さからはいちばん遠いところにある。それだけに嗜虐感を誘った。
 女子高の体育教師は、こんな苦しげな格好の少女たちに、いつも欲情しているのではないか……。
89
最初 前へ 86878889909192 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ